カラクリ箱
    主に創作人形と絵画の制作記です。
    油土
    2011年11月23日 (水) 00:14 | 編集
    久々に油土をいじってます。


    スポンサーサイト



    2011年11月22日 (火) 23:54 | 編集

    ピグマリオン展無事に終わりました。
    たくさんの人形が拝見できて楽しかったです。
    アンティーク家具も素敵でした!


    ↑いつのまにか人形の位置が変わっていました。
    靴の紐がほどけてました(笑)

     
    ピグマリオン人形展
    2011年11月03日 (木) 20:21 | 編集
    ただいまピグマリオン人形教室展に出展させていただいております。
    田栗未結という名前で7、8体目をジェオグラフィカさんの地下1階に置いてます。

    2011年 11月3日~11月13日(11:00~20:00 /無休・最終日は18:00まで)
    会場 ジェオグラフィカ 東京都目黒区中町1-25-20 Tel 03-5773-1145
    http://www.geographica.jp/







    展示会では基本着衣とのことで7体目の服も急ピッチで作りました。
    元々服が似合わない人形なので、角を置いて靴をはかせました^^;



    足の裏も気にっているのですが
    靴を履いた小さな足も好きです。



    角がないと人間ぽくなりますね。




    8体目(狐百合)
    2011年11月03日 (木) 20:07 | 編集








    2011年11月完成 約70センチ 石塑粘土 胡粉 油彩 岩絵具(一部)人毛 描き目

    三つ折れの和風な人形になりました。
    正座させたくて太ももの後ろの部分を思いっきりへこませたり
    曲げる範囲を広げるために他にも色々とやったので
    不格好になるかと思ったのですが案外おかしくなかったです^^
    人形は稼働をとるか見た目をとるかも難しいところですね。

    画像ではよく見えませんがお歯黒です。
    昔の風習で、時代によっては子供から既婚女性まで歯を黒くしていたそうです。
    古い雛人形はお歯黒のもありますね。

    指関節にも挑戦してみました。
    細かい作業でしたが、指が動くと面白さが増しますね。

    基本油彩着色ですが、影や血管、瞳などに岩絵具を使用しました。

    DCF_0274 (400x300)

    配色はグロリオサ(狐百合)の花をイメージしました。





     





    狐面

    胡粉 岩絵具など 和紙

    こちらは胡粉で下地塗装の後、キメの細かい胡粉と岩絵具、土絵具、金属粉などを
    使って彩色しました。
    元は砂状なので着色後もざらっとした印象です。
    岩絵具の風合いも面白くて楽しく作業できました!

    裏面は和紙をちぎり絵のように何重にも貼ってみました↓


















    ↓色々ポーズをとらせるのが面白くて大量に写真を撮りました^^;

















    ↑一応狐の影絵です






































    色付け中
    2011年11月01日 (火) 02:02 | 編集
    人形を油彩で彩色しています。
    11月3日から私が通っている人形教室の教室展があり
    展示させていただく予定なのですが、間に合うかどうかぎりぎりですね・・。
    今は顔色は↓のより明るくなっています。







    狐面は岩絵具などで彩色してます。
    砂状なので少しざらざらしています。




    裏面は和紙を貼ってみます~



    copyright&template: himeco