カラクリ箱
    主に創作人形と絵画の制作記です。
    9体目(藍色リボンの子)
    2012年04月26日 (木) 19:47 | 編集
    P1030350 (450x401)

    P1030339 (431x600)



    2012年 4月完成 約41センチ 石塑粘土 胡粉 油彩 人毛 自作アイ(ガラス)

    人形を始めたばかりの頃、1体目は妖精のような女の子を作ってみたかったのですが
    イメージとは全く違う人形になってしまったので、リベンジした作品になりました。

    最初のころはこんな風にしたかったな~と
    基本を思い出しながら制作しました。
    初心に帰って新鮮な気持ちで作れたと思います。

    いつもこういう人形にするなら関節はこうだ、ああしたいと考えてましたが
    やっぱり基本をしっかりおさえることは大事だなと改めて思います。

    いつもより小さめサイズで、私にしては割と普通の人形ですが
    あまり悩まず楽しく作れたと思います。

    少しは最初に作りたかった人形に近づいたかなと思います。














    スポンサーサイト



    8体目(狐百合)
    2011年11月03日 (木) 20:07 | 編集








    2011年11月完成 約70センチ 石塑粘土 胡粉 油彩 岩絵具(一部)人毛 描き目

    三つ折れの和風な人形になりました。
    正座させたくて太ももの後ろの部分を思いっきりへこませたり
    曲げる範囲を広げるために他にも色々とやったので
    不格好になるかと思ったのですが案外おかしくなかったです^^
    人形は稼働をとるか見た目をとるかも難しいところですね。

    画像ではよく見えませんがお歯黒です。
    昔の風習で、時代によっては子供から既婚女性まで歯を黒くしていたそうです。
    古い雛人形はお歯黒のもありますね。

    指関節にも挑戦してみました。
    細かい作業でしたが、指が動くと面白さが増しますね。

    基本油彩着色ですが、影や血管、瞳などに岩絵具を使用しました。

    DCF_0274 (400x300)

    配色はグロリオサ(狐百合)の花をイメージしました。





     





    狐面

    胡粉 岩絵具など 和紙

    こちらは胡粉で下地塗装の後、キメの細かい胡粉と岩絵具、土絵具、金属粉などを
    使って彩色しました。
    元は砂状なので着色後もざらっとした印象です。
    岩絵具の風合いも面白くて楽しく作業できました!

    裏面は和紙をちぎり絵のように何重にも貼ってみました↓


















    ↓色々ポーズをとらせるのが面白くて大量に写真を撮りました^^;

















    ↑一応狐の影絵です






































    7体目(白鹿)
    2011年02月19日 (土) 17:01 | 編集








    2011年2月完成 約83センチ 石塑粘土 胡粉 油彩 テンペラ 羊毛 描き目

    制作期間は7ヶ月ですが
    途中行き詰って何度もやり直したりしていて、そんな時間のほうが長かったです。
    でも完成すると達成感が身にしみます。

    獣的な要素が20%くらい入っていて
    角が生えてて足先も鹿のようにしました。
    体も鹿のような体格を意識して、胸幅より若干下半身を大きめにしたつもりです。
    髪の毛がチベットラムという羊毛なのですが、ふわふわで手触りがいいです^^

    今回絵画でも使っているテンペラ絵具を肌に使ったのですが
    油彩とは違ってなめらかな質感になりました。
    しかし見た目はなめらかではなくなったので、あとはほとんど油彩仕上げです。
    テンペラ彩色の触感の良さは癖になりそうですね。














    6体目 (ムーサ)
    2010年07月04日 (日) 00:11 | 編集







    2010年6月完成 約85センチ 石塑粘土 胡粉 油彩 人毛 描き目

    1年かかって完成させました。
    当初漠然としたイメージで作っていたので
    作っているうちにどんどん大きくなっていって
    しまいました。

    どんな人形を作りたいか最初からある程度イメージが固まってから
    作るのが良いのだと思い知りました・・(苦笑)

    ギリシア彫刻のようなイメージでしたが
    色塗り前のほうがそれに近かったですね。



     
    5体目 (半魚)
    2010年07月04日 (日) 00:00 | 編集


    無題-24bitカラー-03



    無題-24bitカラー-04

    2009年完成 約70センチ 石塑粘土 胡粉 油彩 絹糸 自作アイ 豚腸

    半魚人のイメージで作りました。
    豚の腸を水かきや耳に使用したのですが
    何度も失敗してめげそうになりながらもなんとか完成させました。

    人魚や妖精といった架空の生き物が好きなので
    いつかまたそのような人形を作りたいです。


    5




    4体目 (蓮花)
    2010年07月03日 (土) 23:53 | 編集






    無題-24bitカラー-02


    2008年完成 約60センチ 石塑粘土 胡粉 油彩 絹糸 自作アイ

    儚いイメージで作りました。

    黄泉の国から来た様なイメージとご感想をいただいたので
    蓮の花から“蓮花”と名づけています。
    3体目
    2010年07月03日 (土) 23:22 | 編集

     
    2008年完成 石塑粘土 モデリングペースト ジェッソ 油彩 人毛 自作アイ

    3番目は男の子です。
    思ったより顔が大人っぽくなってしまいました。

    またいつか男の子人形に挑戦してみたいです。
    2体目
    2010年07月03日 (土) 23:18 | 編集





    2007年完成 石塑粘土 モデリングペースト ジェッソ 油彩 人毛 自作アイ

    2番目に作った人形です。
    早く完成させたいと焦ってしまって
    そのせいか荒い仕上げになってしまいました。
    もっとちゃんと作ってあげればよかったと反省しています。

    儚いイメージでしたが少し悲しげな表情です。
    1体目
    2010年07月03日 (土) 22:55 | 編集




    2007年完成 石塑粘土 モデリングペースト ジェッソ パステル 人毛 アクリルアイ

    初めて作った球体関節人形です。

    思えば学生時代に雑誌で球体関節人形を知ったのが人形に興味を持ったきっかけでした。
    それから人形特集の雑誌や写真集を集めたり
    人形の展示会に行くのが楽しみになりました。
    人形を眺めているうちに、いつしか自分でも作りたくなって人形を習い始めました。

    1体目の人形が完成したときは本当に嬉しかったです。
    拙いながらも気に入っています。



    copyright&template: himeco